モヤモヤと渦巻く不安は消し去る|歯医者を選ぶときの大切なポイント

歯

自然な噛み心地

歯医者

失った歯を補うための方法として、今まで静岡でも一般的に行われてきた治療方法は、入れ歯とブリッジと呼ばれる方法です。入れ歯は、人口の歯をバネを用いることで周りの歯に固定するというもので、取り外し式になっています。歯がない部分が広くても装着できて、他の歯を削ることがないのがいい点です。注意点として、周りの歯へ負担がかかり、噛む力が弱まることがあります。また、しっかりと手入れをしないと長持ちしないことや、噛み心地が天然の歯とは異なることもあります。入れ歯と周りの歯には隙間が空いているので、食べ物もかかりやすいです。次に、ブリッジと呼ばれるものは、周囲の歯を削り、そこに橋渡しをするように人口の歯をつけるというものです。入れ歯とは異なりしっかりと固定されているため、噛み心地が自然の歯と近いものになります。注意点は、ブリッジの固定のために周りの歯を削らないといけないことや、周囲の歯への負担が大きいことがあります。また、ブリッジの下の部分に物が詰まりやすいです。静岡で行われるこの二つの治療方法は、使用する素材によっては保険適用になります。静岡で治療されてきた従来の方法では周囲の歯への負担や、物の詰まりやすさ、噛み心地の違和感などがありましたが、インプラントではそれらが改善されています。インプラントは歯を失った部分の骨に穴をあけ、そこに人口の歯根を埋め込んで固定します。インプラントは固定がしっかりしているので、噛む力も強くなり、まるで自然な歯のように噛むことができます。見た目にも目立たず、ものも詰まりにくいです。インプラントの注意点として、骨に穴をあける手術を受ける必要があること、徹底した衛生管理や定期検査を受けないといけないことがあります。静岡の病院でも、インプラントは保険が適用されず、手術の方法によって費用も異なります。